アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「災害要援助者」のブログ記事

みんなの「災害要援助者」ブログ

タイトル 日 時
大槌稲荷神社の避難所運営ー2012年10月26日市民防災研究所研修会
市民防災研究所の研修会で10月26日に大槌町の大槌稲荷神社で、避難所運営のお話をお聞きしました。 十王舘さん松原さんのお話がそれぞれに対照的で、大規模避難所と、神社の小規模避難所のお話も様子ももっとお時間が欲しいほどでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/28 12:59
2012年江東区民まつりに参加しました
2012年江東区民まつりに参加しました 参加している災害ボランティアグループのSOS江東のみんなで、江東区民まつりに参加しました。 写真は、SOS江東の代表小原さんが、障がい者のマークについて説明しているところです。 災害要援護者の理解を求めるといっても、コツコツと伝えていくしかないと思います。 メンバーは根気良く話しかけています。小学生くらいの子供達は、予想外なほど熱心に聞いてくれる事があります。小さいから難しいだろうと思い込まない方がいいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/20 17:59
市民防災研究所の研修会
2012年10月25日ー26日 市民防災研究所の研修会に参加します。場所は岩手県釜石市と大槌町です。被災地スタディツアーということですが、そういう復興支援のあり方もあると思います。 日頃は江東区の防災まちづくりをボランティアの仲間たちと していますが、被災地の様子をblogでお伝えするのも活動の一部かと思っています。 更新していないblogですが、自分が見て聞いたことを、素直な気持ちで書きたいと思います。 それから今週末は、江東区民まつりなので、木場公園からSOS江東のボランティアたち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/18 08:23
災害要援助者の災害対策-人工呼吸器を使用する難病者の場合:参考文献
前のブログの記事からの続きです。申し訳ありません、自分の参考資料のために掲載しています。資料のみの掲載で長文です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/18 02:27
災害要援助者の災害対策ー人工呼吸器を使用する難病者の場合
 平成20年3月10日、東京都福祉保健局から、在宅で人工呼吸器を使用している患者さんのために「災害時の手引」を作成しましたという報道発表がありました。 ■内容は次のようです。 (1)備えのポイント (2)患者の基本情報と緊急連絡先リスト (3)患者の身体・日常生活状況リスト (4)人工呼吸療法などの詳細(設定) (5)災害備蓄品と非常用持出用品 等  患者向けにひも付き専用カードケースを配布し、災害時にも携帯できるようにしているということです。 ■発行部数は2,000部 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/18 00:47
災害要援助者の災害対策ー腎機能障害者の場合
腎機能障害で人工透析を受けている人の場合は他の難病者よりも災害対策が整っています。 以下に災害時の対応と情報先をご紹介します。 ■透析治療中地震が発生した場合  透析治療中に地震があった場合は、揺れが収まるまで針が抜けないように落ち着いて待ちます。次に病院のスタッフの指示に従い、チューブをペアンやクリップでしっかり止めて血液が出ないようにします。それから針を抜かずに針とチューブの間をハサミで切り、止めてあるペアンと針を布やネットなどで保護します。スタッフの声かえを待って一人で判断せず、落ち... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/09 12:20
バングラディシュの災害支援-シャプラニールの駐在員帰国報告会
シャプラニールのバングラディシュ帰任報告会 に参加してきました。 災害時に取り残される人々や地域〜バングラディシュでの取り組みから〜  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/25 21:58
災害要援助者の災害対策-知的障がいの人の場合
 災害時には、いつもは生活できている人でも、突然の環境の変化についていけず、援助が必要な人やお子さんがいます。  知的障がいの人たちもそのようなことが予想されます。周囲の人達があわてていたり、大きな音がしたり、いつもと違う様子に驚いていつもなら出来ることが出来なくなってしまうことが考えられます。  自分が困ったことを、始めて会った人にうまく伝えることも難しいですし、自分の家や連絡先をうまく伝えて家族に連絡できない場合もありそうです。  そんな心配をして、話し合っていた知的障がい児のおかあさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/29 01:40
災害要援助者の災害対策ーオストメイトのばあい(人工肛門・人工膀胱の方の場合)
災害要援助者と言ってもいろいろな場合があります。  今回はオストメイトの方のことについてご紹介したいと思います。最近仕事でも人工肛門を造設される方との相談が増えています。元の病気である消化器がんである大腸がんの増加が関係しているようです。  しかし、日常生活の中では人工肛門をつくっていることは、外見からは分かりませんし、ご自分から言わない限り周囲の人も知らないという場合もあるようです。  人工肛門や人工膀胱を造設され生活している方をオストメイトと言います。  オストメイトの方の心配は、一... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/17 03:10
国際生活機能分類を防災問題に利用する
国際生活機能分類(ICF)の考え方と大正大学方式「くらしやすさ尺度」を利用して、防災のまちづくりのための条件を整理する表を作りました。 防災問題を解決すると言っても、当たり前の暮らしが実現していることが基本になると思います。“暮らしやすさ”を実現するその中に、安心安全という項目も入ると考えられるので、大正大学方式「くらしやすさ尺度」の項目を引用して、それを、公的機関の役割、市民・住民グループの役割、個人の役割に分けて整理してみました。表にしてみたところ、自分の考えが整理できたような気がしていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/25 01:48
災害心理学のホームページ「新潟県中越地震被災者のために」の紹介
碓井真史氏・新潟青陵大学看護福祉心理学部心理カウンセリングコース教授 災害心理学 「新潟県中越地震被災者のために」 http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/saigai/niigata_earthquake/index.html というホームページに災害弱者に関する文章があります 以下に引用させていただきます。 「災害弱者としての高齢者2004.11.4  社会的強者は、何かあれば自力で、すばやく行動できます。早く避難所に入り、良い場所を取り、そして早い時期に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/11/09 00:11
災害弱者への対応の難しさ
今回の新潟県中越地震では、続く余震と大きな土砂災害のためまだまだ問題は残っています。 混乱の続く中、災害弱者の方々には、細かな支援が難しいのではと感じました。 今回介護保険を利用している高齢者の場合はケアマネジャーが安否確認に回り必要な援助が受けられたという話を聞きました。けれども介護保険を利用していない障害者や高齢者の方々はどうだったのでしょうか 立場の弱い人からは要望を声にすることが難しいことが想像されます、このような時は日頃からかかわりその方を良く知る人がいるか、いないか、で大きな差... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/11/08 00:39
「新潟県中越地震 関連リンク」について
「新潟県中越地震 関連リンク」について 「新潟県中越地震 関連リンク」について阪神・淡路大震災の経験を生かし、障害者などの災害要援助者・災害弱者に関する資料を載せているリンクがあります。ご紹介していますのでご参照ください。 http://kura.at.webry.info/200410/article_2.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/30 18:19
地震と障害者に関するリンク
「新潟中越地震」が発生した今だからこそ関心をもって欲しいリンクがあります 災害要援助者・災害弱者に関する資料がのせられているリンクです まず、社会福祉法人 全国社会福祉協議会 が作成している、 「障害のある人への災害支援」災害時の障害者援護に関する検討委員会報告書 をご紹介します。 ボランティアに関心のある方介護関係者の方々一度ご覧ください http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/resource/disaster/z06001/z0600101.ht... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/30 18:04
新潟中越地震
10月23日午後5時56分新潟中越地震が発生しました。 テレビでは連日避難所や倒壊した家屋の映像が流れています。 しかし、地震の怖さは地震発生当日だけに終わらないことです。しかも地域住民のすべての人が みんな被災者なのです。そのため高齢化の高い地域では今後の復興に大きな影響が出るでしょう。 私は「災害要援助者」いわゆる災害弱者に対する問題についてホームページでご紹介してきました。 どうか関心のある方はホームページをごらんください。 また東京の江東区にある難病団体では難病についてホーム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/30 13:40
聴覚障害者の災害対策
17日「聴覚障害者の災害時・緊急時の対応を考える」という、聴覚障害者協会と手話サークルの方の研修会に参加しました。 大地震や災害の時には聞こえないことは情報を得られず多くの問題があります。 警戒宣言が発令された時になるサイレンの音が聞こえない、避難所での情報が入手しにくい。 近くで火災が発生しても、火事だという声聞こえず非難が遅れたなどという話も聞きました。 障害者の方から文字で確認できる情報が欲しいが、携帯電話のメールは使えるのかなどの質問がでました。 江東区の聴覚障害者は1000人... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2004/07/18 05:07

トップへ | みんなの「災害要援助者」ブログ

お願い

 このブログは実名を名乗り、顔写真も載せて記事の作成をしています。記事の内容は、関係者と個人のプライバシーの保護のため一部変更していることをご了承ください。
 またトラックバックとコメントの受付をしていますが、できましたら名前を記載して投稿をお願いいたします。匿名で言いたい放題は好きではありません。
BLOG管理者 蔵方伸枝

メッセージ

 特別な事情で名前を記載してコメントができない方はメールをお送りくださいkurakata2006@gmail.com
BLOG KURAKATA 災害要援助者のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる