アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「地域福祉」のブログ記事

みんなの「地域福祉」ブログ

タイトル 日 時
防災マップ作りは地域福祉
防災マップ作りは地域福祉 養成講習会が2月16日(土)午前10時〜午後4時に江東ボランティアセンターで行われました。  今回は集まって地域のまち歩きをして、防災マップを作成するという実践的??な内容でした。(ほんとは和気あいあいの雰囲気でした)  ということでまず午前中は江東ボランティアセンターから歩いていける範囲のまち歩き、参加した方々とあちこち見ながら歩きました。チェックする項目を分担して私は公衆電話という数が少ない項目を担当しました。  帰ってきてからはいつもの防災食の作成と試食です。その後は午後からマップの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 13:50
災害ボランティア養成講習会
災害ボランティア養成講習会  2月16日(土)江東ボランティアセンターで行われる「災害ボランティア養成講習会」に参加予定です。  地域防災について考える・・・ということでみんなでまち歩きをするんです。ボランティアの一員として、みんなで作業するのは、好きなんです。教える立場とか教えてもらう立場とかではなくてみんなで考えるのが楽しくていいですよね・・・(災害が楽しいわけではないんですが)  ソーシャルワーカーとして自主組織を支援するなんて、結局出来ないでしょう・・・というわけで、自分が自主的に動くんですね、えーそうなんです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/04 01:39
「江東区耐震改修促進計画」のパブリックコメント
「江東区耐震改修促進計画」のパブリックコメントに下のような意見を提出しました。 「江東区耐震改修促進計画」の3章には3−3関連施策の推進として家具の転倒防止についての文章があります。これについては高齢者・障害者の実態に則した対応をお願いしたいと思います。  高齢者や障害者が自主的に家具転倒防止のため器具を取り付ける作業をすることは難しく、また区の家具転倒防止の制度を利用するについては、その制度を知らないことや、知っていたとしても手続きの手間のために制度利用をあきらめてしまうことも考えられます... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/19 15:04
阪神・淡路大震災から13年、孤独死は続く
 明日17日は阪神・淡路大震災から13年目になります。まだ阪神の震災の話をしているのかといわれる雰囲気さえあるこのごろですが。1月15日付けのWEB版産経新聞のニュースに下のような記事が出ていました。  災害復興住宅で一人暮らしの人の「孤独死」が1年間60人見つかっていたというものです。  震災後に仮設住宅の「孤独死」が問題になって以来この問題は関わる方々の努力にも関わらすずっと引きずっているのですね。  しかし「孤独死」の問題は私の職場である江東区豊洲地域でも無関係ではありません。震災が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/16 06:01
地域を考える‐災害問題で江東区で活動すること
 私は、病院で働くソーシャルワーカーとして、呼吸器疾患の一人の患者さんと話す中で、災害問題に関わることになった。自分の働いている“場”相談者を大切にしようと思えば病院の建物の中だけで仕事をしていても、問題がすぐに解決しないことはわかっている。  それだからこそ何とか地域で取り組んで行こうと活動している。 防災の問題を地域で取り組むには、当たり前だが、社会福祉協議会とのつながりが欠かせない。   けれども江東区の社会福祉協議会は区に一つだけだ、取り組み始めて気がついたが、41万人に1ヵ所の社会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/29 17:23
国際生活機能分類を防災問題に利用する
国際生活機能分類(ICF)の考え方と大正大学方式「くらしやすさ尺度」を利用して、防災のまちづくりのための条件を整理する表を作りました。 防災問題を解決すると言っても、当たり前の暮らしが実現していることが基本になると思います。“暮らしやすさ”を実現するその中に、安心安全という項目も入ると考えられるので、大正大学方式「くらしやすさ尺度」の項目を引用して、それを、公的機関の役割、市民・住民グループの役割、個人の役割に分けて整理してみました。表にしてみたところ、自分の考えが整理できたような気がしていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/25 01:48
金子郁容著 『ボランティアもう一つの情報社会』 岩波書店 1992.7
 金子郁容著 『ボランティアもう一つの情報社会』 岩波書店 1992.7  この本のはじめにで、金子氏は、「人々が孤立し、自分の手の届かないところにある巨大な政治・経済システムに管理、運営されている現代社会。何か少しでも、決められた以上のことをしようとすると、すぐに壁に突き当たり、個人ができることの限界を思い知らされてしまう。ところがボランティアをしていると、ときには、自分のはじめた小さなことがきっかけになって思いもよらぬ展開が起こり、後で振り返ると、自分ひとりではとうていできなかったであろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/20 00:08
明日はボランティア講習会
7月30日と8月20日、難病ボランティア江東の会でボランティア講習会を開催しているところだ。今回は外出・旅行のボランティアになってもらえる方を増やしたいというのが開催の目的である。 介護保険が改正になって要支援の人に介護予防筋トレや栄養指導や口腔ケアをして要介護度が上がらないようにしようということだが、目的が無くて筋トレするのは虚しいように思う。何のために筋トレするのかと言えば、自分らしい楽しい?くらしをしたいからだろう、たとえば時々は映画の鑑賞やコンサートに出かけたり、旅行が好きと言う方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/19 19:53
「奉仕活動」とは
東京都では「奉仕活動」を授業にすることを決めました。 奉仕活動がわかりにくいので、まず「奉仕」の意味を大辞林で調べてみました。 大辞林より 「奉仕(名)スル (1) 国家・社会・目上の者などに利害を考えずにつくすこと。 「社会に―する」「―の精神」 (2) サービスとして特に安く売ること。サービス。 「―品」「特別―価格」 (3) 神仏・師・主君などにつつしんでつかえること。奉事。」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2004/12/02 01:39
難病ボランティア 2
2004年11月5日から12月17日にかけて隔週で4回「難病とボランティア〜今あなたの力が必要です」という講座を難病ボランティア江東の会が企画しました。 主催は江東区教育委員会で、社会教育関係団体の自主企画講座として行っているものです。 対象は江東区民の方で金曜の夜にみんなで勉強会を開いているのです。難病の当事者の方に講師としてお話してもらう時間もつくりました。 難病ということばから来るイメージを少しでも変えていけたらと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/27 11:50
ボランティアと市民社会-ルソーの社会契約論
ルソー著 桑原武夫・前川貞次郎訳 『社会契約論』pp.132−133 岩波文庫 岩波書店 1954.12  <感想>   市民の一人としてボランティア活動をしてみて、ルソーの言っていることもなるほどだと思う。30パーセントの消費税をかけられて、税金で福祉サービスを充実してもらうよりも、市民の自由意志と発想で自分たちに必要なサービスをつくり出すほうが、よっぽど自由な気がする。  なにか言っても行政は聞いてくれないとか、自分一人がやっても社会が変わるわけじゃないと思うのは、なんだか違うかもしれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/12 01:52
地震は人の命だけだなく地域の文化も奪う
山古志村緊急BLOGの「山古志村の文化を守らなければ」という記事を読みました。 錦鯉の発祥の地である事、角突き遊び−闘牛を楽しむ文化があること、その全てが消えてしまいそうになっているのですね。村の牛たちは無事でいるのでしょうか、錦鯉の池も被害にあっていると報道されていました。 管理者の方の「日本の文化として、世界の文化としてとにかく守りたいです。この地域こそ世界遺産にふさわしいところなのだが・・・遺跡じゃなく生活として残っている遺産」という言葉に山古志村の豊かなくらしと文化を大切に思う気持ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/11/02 02:46
たった一人のその人の暮らしのために
これまでの私のblogの記事を見直して見ると、どうも地域が大切と言っていることが多いようです。 けれどもソーシャルワーカーは、まず一人の人と出会ってその人の暮らしのために働くのです。まちづくりや地域への働きかけは「たった一人のその人の暮らしのため」に始まります。ソーシャルワーカーの仕事がグループや集団を対象にしているものでも、その結果は最初に出会った「たった一人のその人の暮らしのため」の仕事になっているのか、常に振り返らなくてはなりません。 まず地域やまちづくりではないのです。 もちろん国... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/07/15 23:35
地域社会とコミュニティ
地域社会とコミュニティという言葉はどう違うのでしょうか? まず次の資料をご紹介します。 「広がれボランティアの輪」連絡会議事務局 全国社会福祉協議会・全国ボランティア活動振興センターによる 「序章 コミュニティの再考〜私たちにとっての課題とは?〜 提言」http://www3.shakyo.or.jp/hirogarewa/teigen/tei_2002.html のなかにコミュニティの定義を紹介しています。以下に紹介されたものを引用させていただきます。 ・・・・・・・・・・・・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/07/13 01:18

トップへ | みんなの「地域福祉」ブログ

お願い

 このブログは実名を名乗り、顔写真も載せて記事の作成をしています。記事の内容は、関係者と個人のプライバシーの保護のため一部変更していることをご了承ください。
 またトラックバックとコメントの受付をしていますが、できましたら名前を記載して投稿をお願いいたします。匿名で言いたい放題は好きではありません。
BLOG管理者 蔵方伸枝

メッセージ

 特別な事情で名前を記載してコメントができない方はメールをお送りくださいkurakata2006@gmail.com
BLOG KURAKATA 地域福祉のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる