BLOG KURAKATA

アクセスカウンタ

zoom RSS 防災マップ作りは地域福祉

<<   作成日時 : 2008/02/24 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
養成講習会が2月16日(土)午前10時〜午後4時に江東ボランティアセンターで行われました。
 今回は集まって地域のまち歩きをして、防災マップを作成するという実践的??な内容でした。(ほんとは和気あいあいの雰囲気でした)
 ということでまず午前中は江東ボランティアセンターから歩いていける範囲のまち歩き、参加した方々とあちこち見ながら歩きました。チェックする項目を分担して私は公衆電話という数が少ない項目を担当しました。
 帰ってきてからはいつもの防災食の作成と試食です。その後は午後からマップの作成でした。
 何回が参加している人は慣れているのでみんな顔なじみになっていて挨拶をしたり、ボランティアセンターの職員さんとも気軽にお話をしているのですが、初回参加の方が「みなさんお知り合いのようですね」とおっしゃり、少し入りにくい雰囲気ができているのかと気になりました。
 防災マップつくりは、まちが変わるので、更新する必要があります。マップそのものは行政に作ってもらっても意味がないもので、自分たちのまちを自分たちで知って、どう災害に備えるのか考え情報を共有するのが大きな目的です。
防災マップは「自助」「共助」「公助」の中の自助と共助の部分を考えるための道具になりますね。
 災害要援助者の情報などが書き込めて、それを住民が自分たちのルールで個人情報の管理が出来ると災害時に威力を発揮すると思います。
 何でも「お役所」にまかせてやってもらおうなどと考えていると、知らない間に情報を管理されたり監視されたりする世の中になってしまいそうです。防災は自分たちの命とくらしを自分たちで守る作業、けして「お役所」まかせにはできませんね!
 一人ひとりが自分の命とくらしをまもるために「おたがいさま」の気持ちでつながりたいです。
 これって実は地域福祉なんですけど・・・・・

■防災マップはこうやって作るんだと目からウロコの本をご紹介します。
「やってみよう!!発災対応型防災訓練〜防災マップづくりからオリジナル防災訓練へ〜」市民防災研究所発行・編集 420円
画像
市民防災研究所http://www.sbk.or.jp/top.html のWEB SHOPから購入できます。
防災マップは自分たちのもの、だから自分たちの発想で作っていいんだということを納得できます。やらされる防災マップ作りから、自分たちのものを作る楽しみへ、防災マップ作りのイメージを変えよう!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お願い

 このブログは実名を名乗り、顔写真も載せて記事の作成をしています。記事の内容は、関係者と個人のプライバシーの保護のため一部変更していることをご了承ください。
 またトラックバックとコメントの受付をしていますが、できましたら名前を記載して投稿をお願いいたします。匿名で言いたい放題は好きではありません。
BLOG管理者 蔵方伸枝

メッセージ

 特別な事情で名前を記載してコメントができない方はメールをお送りくださいkurakata2006@gmail.com
防災マップ作りは地域福祉 BLOG KURAKATA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる