BLOG KURAKATA

アクセスカウンタ

zoom RSS 災害心理学のホームページ「新潟県中越地震被災者のために」の紹介

<<   作成日時 : 2004/11/09 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

碓井真史氏・新潟青陵大学看護福祉心理学部心理カウンセリングコース教授
災害心理学 「新潟県中越地震被災者のために」
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/saigai/niigata_earthquake/index.html
というホームページに災害弱者に関する文章があります
以下に引用させていただきます。
「災害弱者としての高齢者2004.11.4
 社会的強者は、何かあれば自力で、すばやく行動できます。早く避難所に入り、良い場所を取り、そして早い時期に避難所を出て、新生活をスタートさせることもできるでしょう。
しかし、高齢者をはじめとする災害弱者は、そうはいきません。避難も遅れます。うっかりすると、すでに大勢の人が避難してきている避難所に後になってから入り、すでに良い場所は他の人にとられており、居心地の悪いところしかあいていないかもしれません。
避難所がリーダーの下で正しく運営されているならば、高齢者、障害者、妊婦、赤ん坊など、災害弱者の人々をいたわり、良い場所を提供することもできるでしょう。
すべての場所がそうであれば良いのですが。
さらに、これらの人は、避難所から出ることも遅くなるかもしれません。
人よりも居心地の悪い場所で、人よりも長期にわたって暮らさなければならないときもあるでしょう。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
災害弱者について
新潟は私の故郷なので、新潟県中越地震に関してブログを書き情報収集をしていますが、今まで気が付かなかったことが多すぎて自分が情けなくなる思いです。 ...続きを見る
マイアサウラの卵
2004/11/12 09:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お願い

 このブログは実名を名乗り、顔写真も載せて記事の作成をしています。記事の内容は、関係者と個人のプライバシーの保護のため一部変更していることをご了承ください。
 またトラックバックとコメントの受付をしていますが、できましたら名前を記載して投稿をお願いいたします。匿名で言いたい放題は好きではありません。
BLOG管理者 蔵方伸枝

メッセージ

 特別な事情で名前を記載してコメントができない方はメールをお送りくださいkurakata2006@gmail.com
災害心理学のホームページ「新潟県中越地震被災者のために」の紹介 BLOG KURAKATA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる