BLOG KURAKATA

アクセスカウンタ

zoom RSS 難病ボランティア 2

<<   作成日時 : 2004/11/27 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2004年11月5日から12月17日にかけて隔週で4回「難病とボランティア〜今あなたの力が必要です」という講座を難病ボランティア江東の会が企画しました。
主催は江東区教育委員会で、社会教育関係団体の自主企画講座として行っているものです。
対象は江東区民の方で金曜の夜にみんなで勉強会を開いているのです。難病の当事者の方に講師としてお話してもらう時間もつくりました。
難病ということばから来るイメージを少しでも変えていけたらと思います。

講座の資料からこの講座のめざすものをご紹介します。
※この講座の目的は
 この講座の目的は難病という病気について知っていただき、難病ボランティアに関心を持っていただくことです。難病ボランティアとして活動していこうという方が一人でも増えることです。
 難病ボランティアは特殊なボランティアではありません、けれども少しだけ病気の知識や難病患者さんを取り巻く制度や状況などを知っていただくことが必要です。
 この講座の1回から3回までで、難病の知識と難病を取り巻く制度や現在の状況をご紹介していきます。また1回目と3回目に難病者の方をゲストにお迎えして体験談を語っていただきます。
※難病ボランティアの使命とは
 難病ボランティアの使命は、誰も仲間はずれにしない社会を作ることです。これを「ソーシャルインクルージョン」といいます。
  病気があっても、障害があっても、江東区の市民であり住民です。いろいろな人が暮らしているまち、だれも仲間はずれにならないまちを作ることが難病ボランティアの使命です。
※いったい何が出来るのか
 今回の講座の4回目では、今私たちに何が出来るのかを考えていきたいと思います。具体的にボランティアとして活動する以外にも、この江東区のまちには様々な人が暮らしていること、その中に難病の人たちもいることを再確認していただき、心のバリアフリーを目指すということもボランティアだと思います。ボランティア活動の具体例をご紹介いたします。
※おまけ付きです
 今回講師をしている蔵方は、地震の時の災害弱者の問題をテーマに勉強しています。
時間の合間に、地震が起きた時、障害者や老人、難病患者さんにどのような問題がおきるのか、今回の新潟中越地震のことを絡めて少しお伝えしたいと思います。おまけです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お願い

 このブログは実名を名乗り、顔写真も載せて記事の作成をしています。記事の内容は、関係者と個人のプライバシーの保護のため一部変更していることをご了承ください。
 またトラックバックとコメントの受付をしていますが、できましたら名前を記載して投稿をお願いいたします。匿名で言いたい放題は好きではありません。
BLOG管理者 蔵方伸枝

メッセージ

 特別な事情で名前を記載してコメントができない方はメールをお送りくださいkurakata2006@gmail.com
難病ボランティア 2 BLOG KURAKATA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる